施療者プロフィール

米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists) 認定セラピスト
米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy) 認定セラピスト
日本ホリスティックアカデミー(JHA)認定セラピスト
日本臨床ヒプノセラピスト協会(JBCH)認定インストラクター
JHA認定
前世療法プロフェッショナルコース 修了
年齢退行療法プロフェッショナルコース 修了
悲嘆療法プロフェッショナルコース 修了
日本催眠学会評議員

ヒプノセラピー(催眠療法)とは

2つの「意識」

ヒプノセラピー(催眠療法)は、潜在意識にアプローチして心因性の問題や気がかりの解消・軽減・解決をはかる心理療法であり、自分で自分を癒すものです。
催眠は、英国医師会・米国医師会・米国心理学会・米国歯科医師会では既に有効な治療法として認められています。
精神医学の世界的権威フロイトが「意識・無意識」の概念を体系化してから、同じく精神科医であり心理学者の大家ユングもそれを研究し、その後も精神科医・心理学者エリクソンにより催眠研究が続けられてきました。 
人の意識は、約90%の「潜在意識(無意識)と約10%の「顕在意識(意識)に分けられます。
顕在意識は理性的・合理的な判断や思考ができる、いつでも自覚でき認識できている意識です。一方で潜在意識は、普段は忘れてしまっている過去の経験や感情・感覚をすべて記憶しています。人はこの潜在意識に植え込まれているものによって行動パターンや思考パターン、習慣や好みが形成されています。
この2つの意識はクリティカルファクターと呼ばれる膜で仕切られていて、普段は顕在意識で物事を考えたり判断をしているので、潜在意識にあるものに気づかずに過ごしています。何らかの刺激(経験・感情・感覚など)を受けた時に、自分を守る役割を果たしている膜ですが、これは8~9歳頃に出来上がるとされているので、出来上がる前の幼少期に受ける刺激は特に、その良し悪しに関係なく判断の余地もなくポジティブなものもネガティブなものも全てが潜在意識に植え込まれます。
顕在意識と潜在意識の仕組みがわかると、潜在意識の力を色々な形で使えるようになります。

催眠

催眠という言葉を聞くと、多くの方はテレビや映画などで見る催眠術を連想しますが、あれは観客を楽しませるための催眠ショーであって、心理学で言う催眠とはかなり違います。
催眠は、誰もが一日の中で何度も経験していると言われています。
夢中になって何かをしている時に声をかけられても気づかなかったり、映画や読書で登場人物に感情移入してハラハラしたり涙が出てきたり、人の話を聞いて嬉しくなったり悲しくなったり、通学・通勤時などに考えごとをしているうちに気がつけば目的地に着いていたり、こういう状態も催眠状態と言います。
寝起きのぼんやりしている時や眠る前もそうです。
催眠状態とは変性意識状態・トランス状態とも表現され、上記のような浅いレベルの催眠からもっと深いレベルの催眠まで幅広い状態がありますが、自分の意思に反して何かをさせられたり、訳が分からなくなってしまうことはありません。
ヒプノセラピー(催眠療法)は、深くリラックスした状態で、顕在意識と潜在意識の間の膜(クリティカルファクター)の働きを緩め、2つの意識がつながった催眠状態で行う安全な癒しの心理療法です。

ヒプノセラピー(催眠療法)でできること

ヒプノセラピー(催眠療法)には多くの方法がありますが、問題の原因となっている過去を探っていく退行療法(年齢退行療法・胎児期退行療法・前世(過去世)退行療法)や、悲嘆療法(死別などで別れた大切な存在(家族、友人、恋人、ペットなど))や病気などで意思疎通がままならない人とのコミュニケーションをして辛い気持ちを癒して乗り越えていこうとするもの、習慣を変えていこうとするもの、なりたい理想像に近づこうとするものなど、非常に幅広く応用していくことができます。

こちらのコースは電話予約のみとなっております