セッション時間の変更のお知らせ!

下記になります。予約をお願いします!
月曜日〜木曜日 午後6:30〜9:00
金曜日〜日曜日 午前9時〜午後6時
完全予約でお願いします!

急増する大腸ガンと肉食中心の欧米型食生活

急増する大腸ガンと動物性タンパク質の関係

大腸ガンが急増しています!女性の年間死亡の第1位が大腸ガン

です。

以前から、食の欧米化で大腸ガンが増加すると研究者が

ガン学会等で毎年発表していました!

しかし、多くの方々は、”死”は他人の死であり、自らの死を

考えない、あるいは考えたくない

と避けています。

しかし、ガンになる前に 真剣に健康について考え、

ガン予防の対策をとることが賢明な生き方です。ガン発病は、

ご自分だけの問題でなく ご家族全体の生き方、人生にかかわ

ってくるからです!

肉・パン・牛乳の欧米型食事がすでに多くの日本人の現代の

食生活になっています。

”戦後の給食制度は 日本人に対しての欧米型食事に切り替える食

育教育”なのです。その成果が出てきたのが今日の日本です。

そして、その給食はまだ続いているのです!

これは、時代遅れの政治・官僚制度の多くの弊害のひとつ

にすぎません。

<食べ物がガンになるメカニズム!>

欧米型食事は高タンパク、高脂肪の食事はすべて消化・吸収

されればいいですが、1部は大腸にいき、悪玉腸内細菌に

よって腸内に発ガン物質が作られ、ガンを引き起こして

しまいます。

タンパク質が消化されアミノ酸になると、腸内細菌の脱炭酸酵素

の働きで脱炭酸化されて各種のアミノ酸になります。

アミノ酸:

アルギニン・オルニチン・プロリン・・プトレシン・・ピロリジン

リジン・・・カダべリン・・・ピぺリジン

脂質  :レシチン・コリン…メチルアミン・・・ジメチルアミン

上記各種アミンは強い発ガン物質のニトロソアミンの原料に

なります!

アルギニン・オルニチンは動物の骨・軟骨・皮・腱などから

とれるゼラチンに最も多く含まれています。

リジンは行肉・魚肉など肉類や魚肉のアミノ酸の中で最も多く

含まれています。

脂肪をとると、吸収を助ける胆汁が分泌される・・・

胆汁酸・・・腸内細菌の働きで二次胆汁酸・・・

二次胆汁酸のいくつかは発ガン性や

発ガン促進作用があります!

<対応策>

このような発ガン性や発ガン促進作用を抑えるのが

ビタミンA、C、Eなどです。

牛肉や魚肉を食べすぎないで、

肉は週1回とか魚も週何回かに減らし、

野菜や果物や植物性タンパク質を増やし、

腸内フローラの状態を悪化させないことです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました