人体の広大な血管ネットワーク

私たちの身体は、まさに奇跡ともいうべきシステムとしくみで構成されています。
今回は「心臓」と「血管」について述べます。

心臓は、血管を通じて全身に血液を巡らせるポンプの役割をしています。
ドッキンドッキンと1日10万回も拡張と収縮をくり返し、100年の長きにわたり休むことなく働き続けています!

血管の働きもまた素晴らしいものです。
動脈・静脈・毛細血管からなる広大なネットワークで、人の生存に必要な酸素・水・栄養分などを全身の細胞に送り届けています。
血管をすべて一列に並べると10万キロメートルにも達し、地球のほぼ2周半分の長さになります。そのうち99%が毛細血管です。

毛細血管は加齢とともに減少します。
高血圧症、喘息などの肺疾患、腎障害、網膜症、骨粗鬆症、認知症等々の加齢疾患のほとんどが、毛細血管の減少が関係しています。
20歳代と比べると、60歳代で30%、70歳代で40%も減ってしまい、同時に細胞の老化も進行し、シミやシワ・たるみなどの肌のトラブルにも影響します。

毛細血管は内皮細胞とそれを補強する壁細胞で構成されていますが、加齢や紫外線、過剰に増えた活性酸素により壁細胞がはがれやすくなり、毛細血管が血管の形状を保てなくなり、内皮細胞との間にすきまができ、血液が漏れ出し、血流が途絶えてしまうのです。
その結果、血液に含まれる酸素・栄養素が細胞に届かなくなり、老廃物や不要な水分を吸収するリンパ管の働きも落ちて、周囲が水浸しになります。
このような毛細血管を「ゴースト血管」といいます。

毛細血管を再生するためには、運動をして血流をよくすることが最も重要です!
新たに血管を伸ばす「血管新生」というメカニズムがあり、なくなった血管のところに心臓から血液がどんどん送られてくると、隙間がなくなり(流れを認識すると細胞同士がくっつく作用が働く!)血液の漏れがなくなります。同時に、縮んでいた血管がぐんぐん伸びて、ネットワークがつながっていきます。
また、Tie2“タイツー”(シナモン・ヒハツ{※コショウの一種}・ルイボスティー)を摂ることも効果的です。

血流アップが毛細血管の減少を防ぐカギ!

毛細血管

毛細血管を増やす具体的な方法をご紹介いたします。
高齢者でも自分で毛細血管ケアができ、老化や病気も防ぐことができるのです!

  1. お風呂
    いい湯だな♪と感じられる温度で10分間(肩まで)しっかり浸かりましょう。
  2. ウォーキング
    3分歩いて3分速く歩くことで、毛細血管の変化量は27%アップ!
  3. かかとの上げ下げ
    朝・昼、それぞれ20~30回行ってください。
  4. その場スキップ
    朝・昼・晩の3回に分けて20回ずつ行うことで、平均で51%もアップ!

第二の心臓とも呼ばれる「ふくらはぎ」のポンプ機能を鍛えることで血流がよくなり、毛細血管がものすごいスピードで再生します!

画像は、血管全体の9割を占める毛細血管を、数理モデルという手法を使い全身スケールで表したものです。
直径は0.005ミリメートル(5マイクロメートル)で、毛髪のおよそ1/10というミクロのネットワークです。

古川 まこと

御幸病院 統合医療センター勤務(水曜日、金曜日)
ASO光の森クリニック(来春オープン予定)
住所:菊陽町津久礼2158-21
固定電話:096-221-5306
携帯電話①:080-1609-9347
携帯電話②:090-1364-2305
メールアドレス:mayorfurukawa@gmail.com